メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > センターについて > NCGMの活動が分かる情報誌「Feel the NCGM Plus」

NCGMの活動が分かる情報誌「Feel the NCGM Plus」

国⽴国際医療研究センター(NCGM: National Center for Global health and Medicine)は、国⽴⾼度専門医療研究センター(ナショナルセンター)の⼀つであり、センター病院、国府台病院(千葉県市川市)、研究所、臨床研究センター、国際医療協⼒局、国⽴看護⼤学校(東京都清瀬市)と多様な組織を有しています。
「Feel the NCGM Plus」は、NCGMの中で⾏われているセミナー、イベントなどの様⼦やNCGMのさまざまな活動、職員のニュースを掲載しています。本誌を通して、より多くの皆様にNCGMを「Feel」していただければ幸いです。
「Feel the NCGM Plus」は、3カ月に1度の季刊誌として公開してまいります。

最新号

Feel_the_NCGM_Plus_vol3
「Feel the NCGM Plus」第3号

第3号の表紙に掲載した写真は、本年3⽉にセンター病院9階に開設された脳卒中センターのスタッフ集合写真です。脳卒中センター開設とともに、それまで4階にあったSCU病棟を9階に移転しました。2~3ページ目でその詳細を説明しています。また、4月に行われた、NCGMと仏パスツール研究所、およびNCGMとラオス国立パスツール研究所とのそれぞれのMOUが継続締結された様子、5月に行われた「看護の日」の様子も掲載しました。

バックナンバー

  Vol.1 Vol.2 Vol.3
2021~2022年度 Feel_the_NCGM_Plus.jpg

2021.12発行

Feel_the_NCGM_Plus  Vol.2

2022.3発行

Feel_the_NCGM_Plus_vol3

2022.6発行