1型糖尿病の根治に向けた研究に、ふるさと納税を利用した寄付をいただき、贈呈式を執り行いました|国立国際医療研究センター
メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 最新情報 > トピックス > 1型糖尿病の根治に向けた研究に、ふるさと納税を利用した寄付をいただき、贈呈式を執り行いました

1型糖尿病の根治に向けた研究に、ふるさと納税を利用した寄付をいただき、贈呈式を執り行いました

研究所膵島移植プロジェクト(霜田プロジェクト長)では、「1型糖尿病」の根治に向けた研究を行っています。今回、「日本IDDMネットワーク」のご協力をいただき、佐賀県へのふるさと納税制度を利用した寄付を頂戴いたしました。

3月29日にNCGMにおいて「ふるさと納税寄付金(助成金)贈呈式」を開催いたしました。

  • 20160408_2.jpg

    大村日本IDDMネットワーク専務理事から
    目録を受け取る春日理事長

  • 20160408_3.JPG

    研究の概要を説明する霜田プロジェクト長

NCGMでは、膵島移植プロジェクトなど「1型糖尿病」の根治に向けた研究を行っております。
今回、多額のご寄付を頂戴し、一日も早く根絶できるよう努力して研究して参ります。

佐賀新聞(4月6日付1面)でも取り組みについて紹介されました

20160408_1.jpg