メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

トップページ > 情報公開 > その他の情報公開 > 研究推進 > 規則・取り組み > 研究公正

研究公正

不正防止の規程の制定や相談窓口の設置

国立国際医療研究センター(以下「センター」という。)では、「研究活動の不正行為への対応のガイドライン」及び「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン」を踏まえ、研究活動上の不正行為の防止及び研究費の適正な運営管理の確保に関する規程を制定するとともに、相談窓口を設置しました。

研究活動に係る行動規範

センターにおいて行われる研究活動における信頼性と公正性を確保し、研究者自らが研究を遂行し又は研究費の事務処理を行う職員(以下「事務職員」という。)が研究費の適正な執行を確保する上で遵守すべき規準を定める行動規範に記しています。

研究活動に係る不正防止対策等

センターにおいて行われる研究活動に係わる不正防止対策等について不正防止委員会を設置し、不正防止計画等作成し、その内容を内外に向けて発信しています。
その他職員や、取引業者に向けて不正をしない旨の誓約書を提出して貰い、実際に不正を行った場合にはセンターのルールに従って処分をすることについて通知しています。